TOP > 効果改善ガイド > 応用編 > 開封率を上げるためには?

開封率を上げるためには?

開封率とは「どれだけの人がメールに興味を持っているのか?」を測る指標です。どれだけ本文が充実したメールでも、開封させないことには何も伝えることが出来ません。
効果を測る上では最も重要と言っても良い数字になるので、計測と改善のサイクルをしっかり回していきましょう。

開封率の平均値はどのくらい?

これから数値を測っていく方は、まずは全業界の平均値 18.5% を目安に、高いか低いかの判断をしてみましょう。
ただし、開封率は業界や配信内容、リストの取得方法などで左右されます。平均値はあくまで目安としてとらえましょう。

開封率を上げる3つのポイント

開封率を上げるためには、まず3つのポイントを見直してみましょう。

興味を引きやすい件名を作る

件名を付ける際は以下の二つを意識してみましょう。

文字数は20文字以内でまとめる
スマホでも表示できる文字数の目安です。

読者に有益な情報は件名の前半に
「●%OFF」「サンプルプレゼント」など、有益な情報は前半に配置して目立たせましょう

読まれやすい時間に配信する

まずはメインターゲットになる読者の生活サイクルをイメージしてみましょう。
通勤時間やお昼休み、就寝前等、読者の立場になって考えてみるとベストなタイミングが見えてくるはずです。
更にその中から候補となる時間を数パターンテストし、一番開封率の良かった時間を採用するのがオススメです。

信頼度の高い差出人名を使う

件名と同時に目にする差出人名も重要なポイントです。見覚えのない差出人から送られてきたメールは開封を躊躇されてしまうことがあります。読者にとって馴染みのあるサービス名や団体名、担当営業がいる場合は担当者名を盛り込むことで、読者が安心してメールを開くことが出来ます。