効果測定

ブラストメールではメールの開封率や、本文内のURLリンクのクリック件数の測定が可能です。
ここでは測定の設定方法について解説します。

測定結果の確認方法については「効果測定結果の確認」をご覧ください。

1 メール開封数の測定について

1-1 メール開封数の測定とは?

ブラストメールではメール配信後に開封数を測定することが出来ます。

メール開封数とは「メールを受信後にメールの内容が見られたかどうか」を指し、件名の良し悪しや、配信時間の良し悪しを判断することが出来ます。

1-2 メール開封数測定の設定方法

HTMLメールを利用している場合、開封率の測定は自動で行われます。
お客様側での設定は不要です。

2 URLクリック数の測定方法

2-1 URLクリック数の測定とは?

ブラストメールではメール本文内のURLクリック数を測定することが出来ます。

URLクリックとは、配信したメールの本文内に記載されたURLリンクがクリックされたかどうかを指し、メール本文の良し悪しや、メールレイアウトの良し悪しを判断すること出来ます。

2-2 テキストメールを使ったURLクリック数測定の設定方法

2-2-1 テキストメールの編集画面にて 「URLを選択する」をクリックする

クリック測定欄の「URLを選択する」ボタンをクリックすると本文中のURLを自動で判別し、一覧表示されたウィンドウが表示されます。

2-2-2 クリック測定したいURLを選択する

一覧表示されたURLのうち、チェックされたURLのみを測定対象として変換します。
除外したいURLがある場合は、チェックを外してください。

「変換する」ボタンを押下するとURLが測定用の特殊なURLに変換されます。
これでURLクリック数測定のための設定は終了です。
※変換できるURL数は20件までとなります。

2-3 HTMLメールを使ったURLクリック数測定の設定方法

2-3-1 HTMLメールの編集画面にて「URLを選択する」をクリックする

編集画面右下の「クリック測定」をクリックすると本文中のURLを自動で判別し、一覧表示されたウィンドウが表示されます。

2-3-2 クリック測定したいURLを選択する

一覧表示されたURLのうち、チェックされたURLのみを測定対象として変換します。
除外したいURLがある場合は、チェックを外してください。

「変換する」ボタンを押下するとURLのリンク先が測定用の特殊なURLに変換されます。
※変換できるURL数は20件までとなります。

2-3-3 プレビュー画面を開く

編集画面左上になる、プレビューボタンを押下し、プレビュー画面を開きます。
※別タブにてプレビュー画面が開かれます。

4.URLリンクにカーソルを合わせてリンク先の変換結果を確認する

プレビュー画面上で、変換済みのURLリンクにカーソルを合わせると
左下にリンク先のURLが表示されます。
こちらの表示がもともとのURLではなく「__no__」で終わる特殊なURLリンクになっていれば、完了です。

本格的な「メールマーケティング」に
取り組みたい方はこちらもおすすめ

主なメールマーケティング機能

  • ステップメール
  • トリガーメール
  • シナリオメール
  • 来訪通知
  • 複数アカウント管理
  • ホットリード抽出

関連コンテンツ

マニュアルコンテンツ

目的別ガイド

    操作マニュアルでお悩みが解決しないときは