一括処理

メールの配信対象である読者データの、一括登録や一括削除を行う画面です。

1 一括登録

CSV形式のファイルを使用し、アドレスを一括で登録する手順です。

1-1 CSVファイルを作成する

「一括処理」ページより、登録用CSVファイルダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルの状態がこちらです。2行目のサンプルデータは削除してください。
一行目の項目は項目設定の設定内容が反映されるため、不足している項目などあれば先に項目設定から設定をお願いいたします。

ダウンロードしたCSVファイルに情報を入力し、ファイルを保存をしてください。

1-2 登録方法を選択する

目的に応じて以下の三つから登録方法を選択してください。

新規登録のみCSVの中から新規アドレスの登録のみを行う
アップデートのみCSVの中から登録済みアドレスの情報を上書きする
全登録CSVにある新規アドレスの登録と登録済みアドレスの上書きの両方を行う

1-3 ファイルをアップロードする

ファイルを選択ボタンをクリックのうえ、先程保存したファイルを選択してください。 

「アップロード」ボタンをクリックしてください。

※一度にアップロード可能なファイルの容量は30MBまでです

このような画面が表示されたら、一括処理の完了です。 

2 一括登録時のエラー

一括登録時に発生するエラーと、エラーの解消方法を解説していきます。

2-1 「項目名に誤りがあります」とエラーが表示される場合

アップロードボタンをクリック後「項目名に誤りがあります。「登録用CSV」をご参照ください。」のエラーが表示される場合、アップロードしたCSVの一行目に入力されているデータと、ブラストメールの項目設定の名称とで不一致が生じていることが原因です。
以下のケースから該当する状況に応じてCSVファイルを修正してください。

ケース1:項目設定で登録していない項目が一行目に入っている

項目設定の「使用」にチェックの入っていない項目をCSV側に追加したり、登録用CSV上の項目名を変更してアップロードを行うと、システム側の項目と不整合が生じエラーとなります。
この場合はアップロード前に項目設定から項目を追加設定頂くか、CSV側の項目名を修正頂くようお願いいたします。
※「エラーカウント数」と「状態」は項目設定側と相違していても問題ありません。

ケース2:項目の間に空欄の列がある

画像のようにCSV内に空欄の列がある場合も項目名のエラーが発生します。
データは左詰めで入るよう、不要な列は列ごと削除してください。

ケース3:視認出来ないデータが入力されている

CSVファイルの作成過程で視認出来ないデータが一行目に含まれている場合、項目名のエラーが発生します。この場合、どのセルにデータが入っているのか目視で確認することが出来ません。

図のように最後に値が入力されている列の次の列以降をまとめて削除してください。
削除手順の例(Excelの場合)
1.列を選択し「Ctrl」+「Shift」+「→」キーを同時押しで対象列以降を全選択
2.右クリックし「削除」をクリック

ケース4:一行目が空白の列にデータが入力されている

一行目に項目が入力されておらず、二行目以降にデータが入力されていた場合、項目名のエラーが発生します。
この場合は該当のデータを目視で削除していくか、ケース3で紹介した不要な列をまとめて削除する方法をお試しください。

2-2 一括処理完了後「失敗」の件数が表示される場合

「一括処理ページ」下部に表示されているエラーファイルをクリックしてください。

「error reason]を確認し、それに応じて修正や再アップロードを行ってください。

2-3 error reasonの種類と対処方法

エラーファイルで確認出来るエラー理由と、対処方法をご紹介いたします。

登録済みのE-Mailです
登録方法「新規登録のみ」を選択した際に、読者一覧に登録済みのアドレスがCSVの中に含まれていることで発生するエラーです。「アップデートのみ」もしくは「全登録」を選択の上、再アップロードしてください。

アップデートするデータがありません
登録方法「アップデートのみ」を選択した際に、読者一覧に登録されていないアドレスがCSVの中に含まれていることで発生するエラーです。「新規登録のみ」を選択の上、再アップロードしてください。

禁止文字があります
こちらは使用禁止文字(主に環境依存文字)が入力されている場合に出るエラーです。エラーメッセージと合わせて対象の文字が表示されておりますので、禁止文字を常用漢字に置き換えた上で再アップロードしてください。

E-Mailの形式に誤りがあります
こちらは@が大文字になっている等、メールアドレスの形式に誤りがある、もしくはE-mail形式の項目に別の情報が入力されている場合に出るエラーです。ご確認の上、修正を行って再アップロードしてください。

3 一括削除

「一括処理」ページ上部のタブにて「一括削除」を選択し、 削除用CSVファイルダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルの状態がこちらです。2行目のサンプルデータは削除してください。

ダウンロードしたCSVファイルに削除対象のメールアドレス情報を入れ、上書き保存をしてください。

「アップロード」ボタンをクリックしてください。

このような画面が表示されたら、アドレスが削除されゴミ箱に移動します。
読者一覧のゴミ箱内のデータを削除するとデータが完全に消去され、登録アドレス数に空きが出来ます。